知っておきたいバストアップクリームの危険性

薬やサプリメントなど、体に直接効果を及ぼすものはどんな副作用があるかも把握したうえで使わなければいけません。
もちろん、バストアップクリームの危険性についても知っておく必要があります。

バストアップクリームの危険性としてよく挙げられるのが、女性ホルモンの増加による副作用です。
女性ホルモンの分泌量の増加自体はとても良いことなのですが、生理前や妊娠中などのホルモンバランスが不安定な時に使うと体調を崩す恐れがあります。
ちなみに女性ホルモンに作用する成分はザクロ、ダイズエキス、プエラリアなどです。
これらの成分が含まれているバストアップクリームを使うのは体が落ち着いている時だけにしておきましょう。
効果の高い成分はそのぶん危険性もはらんでいると考えて良いです。

また、健康被害とは違いますが、気を付けておきたいのは胸以外の部分にバストアップクリームを使う危険性です。
バストアップクリームは塗った部分の脂肪を増やす効果によってボリュームを付ける仕組みなので、肌に優しい効果があるとはいえ胸以外の部分には使ってはいけません。
顔の保湿のために塗ったら頬が膨らんだ、なんてことになってもそれは自己責任です。
余程の例外でない限り「指まで太くなった」という事はないと思いますが、バストアップクリームを胸に塗って染み込ませた後は、念のため手をきちんと洗うようにしましょう。
「危険性が高いバストアップクリーム」自体はほぼありませんが、どんなに良い物でも使い方を間違えてはいけないと覚えておいてください。