アメリカの医療制度

アメリカの健康食品、サプリメントや医薬品に対する意識の高さは日本と比べ物になりません。
サプリメント大国と呼ばれているアメリカはその貪欲な健康管理からくるものだと言われています。
しかし、なぜそこまで健康に貪欲なのか。
サプリメント大国と言われる所以をここで説明してみようと思います。

まずアメリカのサプリメントが発展した大きな要因の1つは、健康保険制度になります。

日本では体調が悪くなれば病院に行くのが当たり前だと思います。
そこで健康保険証を提示し、医療費が安くなる。
当たり前のことだと思いますが、実際にかかった医療費の3割を負担してくれる医療制度というのはとてもありがたいお話です。
しかし、これは日本人の義務であり、健康保険制度に国民の全員が必ず加入するという強制でもあります。

一方アメリカでは、健康保険に加入するのは個人の自由とされています。
自由と言ってもこの保険料がとても高額であれば…これは加入することができませんよね?
アメリカの健康保険はとても高額であり、なかなか加入する人が増えないというのが現状です。
保険に入れないのであれば、必然と医療費は高くなってしまいます。
それを防ぐために、健康管理を人一倍行う国がアメリカというわけです。

この健康管理の一端に、サプリメントはとても貢献しています。
日々の体調を整える、もしくは病気をした時に購入する、つまり日本が病院に行く変わりにアメリカではサプリメントを使用している人が多いという考え方がわかりやすいでしょうか。

アメリカのサプリ事情