サプリに関する抗議

アメリカのサプリメント製品の質の高さは他のページでも紹介しました。
アメリカ人のニーズの高さから、下手なものは作れないというのはメーカー側は常に思ってるはずです。

「効果があればラッキー」と思う日本人に比べ「効果が無ければ意味が無い」と思うアメリカ人…。
起訴大国のアメリカであれば、メーカー側が必死になるのも頷けますよね?(笑)

それだけFDAが定めた基準というのはとても厳しいもので、その分FDAが認定したものは安心だと言えます。
実際にFDAは製造工場や販売メーカーへの抜き打ち検査も行うのだとか。
そこで何か問題があれば製品について市場追放命令を出すのも普通らしいです…。
基準に達していない場合、更には許可をした時と状況が異なったいた場合、こういう時は即刻製品の販売停止・業務停止を執行できる権限を持っています。

FDAから認定をもらった商品ですら、ずっと審査をされているという意識の高さ!
これはアメリカのサプリの質の高さを理解できるお話だと思いました。

もちろん、納得がいかない商品に対してのクレーム処理も行っています。
消費者に何か問題が起きた人はFDAにクレームを入れますし、それが多ければ必ず直接審査に入ります。

消費者の声がメーカーに届き、それが反映されるというのはあまり日本では考えづらいことだと思いませんか?

さすが訴訟大国と言われるだけあるアメリカ。
目を光らせているのはFDAだけではなく、消費者も目を光らせているというわけです。

でも…これはよく考えれば当たり前のお話ですよね?
日本の健康志向とはちょっとレベルが違うのだと思います。

広告に関する問題