アメリカのサプリ事情

サプリメント王国であるアメリカ。
最大のニーズを誇るアメリカはやはりサプリメントに対する意識が日本とはちょっと違ってきます。

アメリカのサプリメントを試してみようという記事を読んだことありませんか?
あれはアメリカのサプリメントのレベルがとても高いということを言っています。
実際にアメリカはサプリに対する意識がとても高く、安全で効果があると保証される基準もとても高いのです。

新しい栄養素が出る度に臨床医師によって実験、そして改良され商品になっていきます。
安かろうが高かろうが効果があるものは必然的にニーズが芽生えます。
アメリカの意識の高さは効果があるサプリメントを生みだすシステムが作られているのです。

もちろんアメリカ製だから全てが良いわけではありませんが、ここは日本との意識の差は感じませんか?
日本はどちらかと言うと、効果が出ればラッキー的な風潮がありません?
特に成金趣向が強い日本人は値段が高ければ効果があると思い込んでしまう風潮すらあるような気がします。

ある調査によると、3000円以下の健康食品は効果がないと思っている日本人がほとんどらしいです。
とても日本らしい発想だと思いますが、これが事実なんです。

3000円以下のサプリメントを買った時点で気休め程度、こんなものかと予め言える準備が出来ている…健康に良いかもしれないお菓子感覚でサプリメント買っているのは日本だけではないでしょうか。

サプリメントに対して臨床医が実際にその効果を試すアメリカとはここでも意識の差が芽生えてきますし、これではアメリカと日本のサプリメントの品質の差が出るのはしょうがないことだと思います。

ある日本人が日本製のサプリメントをアメリカで分析してもらったらしいです。
その結果、アメリカからは「家畜用ですか…?」という答えが出たのだとか(笑)

FDAの持っている権限アメリカの医療制度